日時:2017年6月24日(土)20時45分の回上映前
場所:池袋シネマ・ロサ スクリーン2
登壇者:鈴木貴之さん、ダレノガレ明美さん、寺井文孝さん、永尾まりやさん、大倉士門さん、宮脇詩音さん、土田準平監督

 

池袋シネマ・ロサにて「便利屋エレジー」初日舞台挨拶が行われました!
 
 
まずは登壇者の皆さんから一言ずつご挨拶。
 
鈴木さん
「本日はお集り頂きまして、ありがとうございます。主演の山田幸一役を演じさせていただきました、鈴木貴之です。よろしくお願いします。」
ダレノガレさん
「鈴木由美子役をやらせていただきました、ダレノガレ明美です。よろしくお願いします。」
寺井さん
「佐藤努役の寺井文孝です。本日はお集りいただき、ありがとうございます。よろしくお願いします。」
永尾さん
「永尾まりやです。本日はよろしくお願いします。」
大倉さん
「山下雄二役を演じさせていただきました、大倉士門です。よろしくお願いします。」
宮脇さん
「主題歌、挿入歌を歌わせていただいています、宮脇詩音です。よろしくお願いします。」
土田監督
「監督の土田準平です。よろしくお願いします。」
 

ご挨拶をしていただいたところで、MCからの質問タイム!
 
鈴木さんへの質問
Q.初主演作となる本作で、便利屋の社長役を演じられていかがでしたか?
鈴木さん
「企画段階から便利屋のチームを作っていくということで、キャストの発表があったときから、楽しくなりそうだなとワクワクしていました。実際、現場に入っても楽しくて、貴重な経験を楽しい思いとともにさせていただいて、有難かったです。」

ダレノガレさん、寺井さんへの質問
Q.劇中でのお二人はいつも角突き合いだそうですが、実際のお二人はどうですか?
ダレノガレさん
「頭突き合いをするときとかに寺井さんが笑わせてくるんですよ。笑っちゃって、何回もカットがかかってなかなか集中ができなかったので、今ここで苦情を言います(笑)」
 
鈴木さん
「(寺井さんへ)叩かれたかったんですよね?笑」
 
寺井さん
「叩かれたかったんです!!笑」
 
と、ここでMCが寺井さんの回答を飛ばしてしまい、次の永尾さんへ質問をしてしまうハプニングが!
すかさず、鈴木さんと永尾さんがフォローに入り、寺井さんの回答を促してくれました。
撮影後、久しぶりに会った「便利屋エレジー」チームですが、素晴らしい連携でした!
改めて、寺井さんの回答へ。

 
寺井さん
「叩かれるシーンのとき、最初はダレノガレさんがすごく優しく叩いてくれていたんですが、監督から“もうちょっと(強く)やってくれる?”と言われまして。ちょっと強くなるくらいかなと思っていたんですが、思いっきり“パーン!”ってきたのでさすがだなと思いました。笑」
 
ダレノガレさん
「ごめんなさい!でもストレス発散になりました。笑」
 

永尾さんへの質問
Q.劇中、母親役を演じられていますが、いかがでしたか?
永尾さん
「子供の浩太役を演じてくれた岡本拓真くんがイケメンすぎてドキッとしちゃいました。笑
(自分自身)まだまだ子供だと思っていたのですが、拓真くんが可愛すぎて愛おしくて、本当に母親のような気持ちになりました。シングルマザーの大変さを感じ取ってもらえたらなと思います。」
 

大倉士門さんへの質問
Q.ハードな撮影現場だったと聞きましたが、何かエピソードはありますか?
大倉さん
「夜中まで撮影をしていたり、スケジュールはハードでした。特に僕は、密室でトークのシーンの連続でした。あと、(鈴木さんと自分が)京都出身なのでたまに関西弁で喋り合っちゃうんですよ!休憩中は関西弁、撮影始まったら標準語、みたいな感じでたまに“あれ?大丈夫かな?”って。笑」
 
鈴木さん
「役柄上、ここ(鈴木さんと大倉さん)はそんなに近い関係性ではないんですけど、カットがかかった瞬間にものすごい仲良く喋り出すっていう感じでした。笑」
 
大倉さん
「そうやって和気あいあいとした感じだったので、キツイというより、楽しかった思い出の方が大きいです。」
 

宮脇さんへ質問
Q.今回、曲の歌詞を「便利屋エレジー」の台本を読んでから書き始めたと聞きましたが、曲を通して伝えたかったことはどのようなことですか?
宮脇さん
「『小さな手』という主題歌なんですが、ちゃんと言葉にして伝えるというのは、すごく大切なことなんだと改めて感じたことを歌詞として書かせていただきました。大人になって忘れかけていたことを思い返させていただいたなと思っています。挿入歌の『ワッショイ!』という曲は、私のコンセプトである“SHARE THE HAPPY”がテーマになっていて、便利屋の“みんなに幸せを届ける”という仕事と似ているのかなって考えて、嬉しく思いました。」
 

土田監督へ質問
Q.宮脇さんの作られた曲を聴いたときにどう思いましたか?
監督
「もうバッチリだなと。素晴らしい音楽を提供していただいたと思っています。僕がエンドロールフェチといいますか、エンドロールの雰囲気が映画の中で一番好きなので、曲をリピートしたりしてすごく気に入っています。」

この後、サイン入りポスターの抽選会と楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、終わりの時間が来てしまいました。最後に代表して、鈴木さんとダレノガレさんに質問、一言ご挨拶をいただきました。
 

ダレノガレさんへ質問
Q.映画のここを観て欲しいといった部分はありますか?
ダレノガレさん
「私は映画が初めてだったので、大丈夫かなって気持ちがすごく大きかったです。でも、みんながすごくサポートしてくれて、現場でも仲良くしてくれて、みんなで相談しながら作ったすごく素敵な作品になりました。面白いところも、感動するところもあるので、色んなことを感じられると思います。細かく色んなシーンを観てもらえたら嬉しいです。」
 

鈴木さんから一言ご挨拶
鈴木さん
「本日はお忙しい中、お集りいただきありがとうございます。昨年、このキャスト、スタッフで作り上げた作品です。ハートフルで、でもコミカルで笑えるところもあり、最後には拓真くん演じる浩太の素敵な表情も見られると思います。ぜひ、楽しんでいただけたらと思います。ありがとうございました!」
 

撮影終了後、久しぶりに会った「便利屋エレジー」チームでしたが、素晴らしいチームワークで和気あいあいとした舞台挨拶となりました!
「便利屋エレジー」は池袋シネマ・ロサにて6月30日(金)まで絶賛上映中です!