cast

今関あきよし(監督)

念願のモスクワでのロケ。ベラルーシ、ウクライナを舞台にした映画を演出し、ついにロシアだ。
モスクワ独特の空気感の中で、同性愛を越えるような強く依存しあう関係の日本人″ライカ″とロシア人″ユーリャ″という女のコの恋愛劇。
人はひとりでは生きていけない。
誰かを強く想い続けることでしか生きていけない弱さを描いてみたかった。


宮島沙絵(ライカ役)

初めまして、映画「ライカ」の主演、ライカ役を演じさせていただきました宮島沙絵です。
映画に出るのも初めて、海外にも行ったことがない状況で今回の作品への出演が決まって、その上台詞はロシア語で…。
もうとにかくやると決めてからはがむしゃらに走って、監督をはじめとするスタッフの皆さんが右も左もわからない私にひとつひとつ教えてくださり、アドバイスをいただきながら、たくさん悩んでライカという人間をつくりました。
体当たりで挑んで魂を込めた、初めての作品です。ふたつとない作品になっていることに違いないです。
『ライカ―Laika―』を書いてくださった石川さん、支えてくださったスタッフの皆さん、モスクワの共演者の方々、ユーリャ役のクセーニア、今関監督、感謝してもしきれません。初めての作品でこんなに素敵な方々に囲まれて私は幸せ者です!
バリショエスパシーバ!どうかこの映画を観る方の胸にたくさん届くものがありますように。
映画、楽しみにしていてください。


クセーニア・アリストラ-トワ(ユーリャ役)

みなさんこんにちは、クセーニア・アリストラト-ワです。 日本の映画プロジェクト「ライカ」でユーリャの役を演じています。この仕事は私にとって初めての本格的な、長編作品となりました。それで私はすごく緊張して、本当に心臓がドッキンドッキン鳴りました。けれど仕事が始まってからは、監督をはじめ撮影スタッフ達の支えを肌で感じながら、国の違いや言語の壁を越えて、お互いを理解し合い、感じ合ったのです。
私たちの撮影過程自体は本当に濃密で、そして皆が今この世界における緊迫した問題に取り組もうとしています。時々天気に(風や寒さや雨などに)邪魔されることもありましたが、私たちは皆でその障害を切り抜けてきました。毎日毎日、私は信じ難い経験を得、支えられ、そして自分なりのイメージを探し求め、順介の通訳なしでも全てを理解したと感じたことも度々でした。たとえ私たちの国は遠く離れていても、共有できるものはたくさんあります。例えばすごく難しいシーンの撮影の後の冗談が場を和ませる、そんな感覚などです。
沙絵(ライカ役)は素晴らしいパートナーで、まだ撮影が終わっていない時から、私は彼女と遠く離れることに寂しさを感じていました。
私はたくさんの日本のもの、言葉や歌を覚えました (そのお気に入りの中の一つはセーラームーンです)
私の演じるユーリャは、私と私自身の人生に対する姿勢を変えました。彼女のような人間はロシアだけでなく、日本でも理解されるでしょう。
彼女は誰に対しても強いけれど、心の中は小さい孤独な子供で、必要とされ、愛されることを変わらず願っています。
「ライカ」のおかげで彼女は本当の自分に少しだけ出会うことができます。これは今を生きる私たちの人生において、不幸や裏切りに出会いなお、誠実な人としてあり続ける、というとても重要なテーマです。私はこのようなプロジェクトに参加することができて、気も違うほど幸せです。そして私の心は本当に喜びで「ライカ」みたいに宇宙を飛んでいます。
アリガトウ!ロシアより一番一番一番大きい本当の愛を込めて


試写会でご覧になった方々からのメッセージ

井上路望(今関あきよし監督作品『十七歳』:原作者)

痛いほどに繊細で、赤裸々なまでにリアル。人間の弱さや孤独 そして闇と病み…。苦しい程危なっかしく絡まってる。なのに最後は、それでもまた孤独を抱きしめて生きて行く強さを感じた。 そんな二人を応援して居る自分に気づく、大丈夫 頑張れって…。
その声はきっと自分に向けてだろう。泣きたくなるくらい、人間の抱える孤独や葛藤を映し出してて、要所要所の笑いがなければもぅ溺れそうでしたよ。


大島葉子(女優)

ロシアの美しい映像と空気感の中、あっという間に物語へ引き込まれました。 ライカとユーリャという二人の少女の愛情と憎しみと、それぞれの母親との葛藤や依存、いろんな感情の中にとても愛しさを感じました。 切ないラブストーリーでもあり、もしかしたら、一人の少女の心の物語でもあるのかもしれません。。。


鈴樹志保(女優)

女の子2人の映画。静かだけど激しい映画でした。ロシアの女の子はオーディションを受けても上手くいかない女優さんの役なので、自分とダブル所があり。若い頃の恋を思い出しました。若いってめんどくさいなぁ。でも今もめんどくさいなぁ。生きるってめんどくさいなぁ。でも楽しいなぁ。


高井洸美(シンガーソングライター)

女の子ふたりの儚さがとても美しい映画でした。最後は泣いちゃった。ゼロから生み出すチカラってすごいエネルギーがいるんだけど、監督はいつ会ってもエネルギッシュ!!


渡辺裕美(ロシア雑貨店「パルク」店長)

コムナルカと呼ばれる共同住宅やメトロ、ピアノの生演奏が聴けるカフェ、ベーデンハーの観覧車。 モスクワの本当に普通の日常風景が、今関監督の目を通してこんなにも愛おしく映し出され、まるでファンタジーの世界に迷い込んだような、不思議な美しさに心奪われっぱなしでした。
モスクワを訪れたことがある人にはどこか懐かしく、ロシアに興味を持っている人は、きっと一度はモスクワに行ってみたいと思うことでしょう。


岡田恒明(プロデューサー)

ファンタジーをドキュメンタリータッチに描いていることが、意外な形で少女の魅力を更に引き出す ことになっている、今関監督ならではの作品ですね。
素晴らしく可愛い映画でした。たくさんの人たちに観て頂かねば!


伊藤智生(映画監督)

今ちゃん、傑作だ!ロシアと日本の二人の新人女優が素晴らしい!民族が違う、言葉が違う少女二人の愛の距離感が凄く自然だった。カメラマン、脚本も凄く良かったぜ!何だか今関ワールド新境地切り開いたね。今ちゃん、おめでとう!


ヤン・カワモト(プロデューサー/監督)

異国ロシア人女優の才能を生かした今関演出が、魔法にかかった様に進化した映画!ロシア人の女性が生き生きとして描かれているのは、持ち前の今関演出のマジック。対する日本人女性の魅力は従来の今関ワールドから時代を超えて再来したかのように、愛くるしい存在だった。 とにかく凄まじく愛くるしい映画に仕上がっていた。今関監督がいかに映画を愛してやまないか、綿密な映像設計と演出に感銘!


増井公二(映像作家)

過去の今関あきよし監督作品に比べると、随分とサラサラとシーンが展開してゆくのですが、それが今回の作品には合っていて良かった! 宮島沙絵さんが大きな瞳で見つめる表情は秀逸で、ライカ犬もこんな顔をしていた時があったんだろうなと勝手に思い込みながら観ておりました。映画の中の人物が生々活動している映画は名画だと思っているのですが、まさに『ライカ』はそんな映画でした。


杉山亮一(株式会社東宝)

試写を観終えた僕が最初に思ったことは「ようやく、あたりまえのように日本と海外との合作映画がつくられるようになったんだなぁ…」という感慨のようなものでした。 ロシアの地で、ロシアの俳優を、日本の監督が演出して、極上のワンカットが完成する。この、あたりまえのような奇跡が海外合作の真髄であって、それを若手監督ではない、そろそろベテランの域に達しようとする今関さんがさらりと成し遂げてしまっていることに、僕は興奮を覚えずにはいられません。


鈴木亮(吟遊ヴィジュアリスト)

映画「ライカ」は、フラジャイルなのに肝の座った作品です。孤独の受け入れ方を(むつかしいけど)日夜考えている私ですが、「ライカ」の主題は孤独の肯定で、大変驚きました。先端が尖っているから胸の奥がチクチクと痛みますけど、優しい映画です。